調理師免許 合格体験談: 私の調理師免許取得の体験
スポンサードリンク

2012年05月25日

私の調理師免許取得の体験

私は福祉施設の厨房で仕事をしているときに調理師免許を取得しました。
どうしても必要というわけではなかったのですが、現場の調理実務経験が2年になり受験資格ができたので、どうせなら取得しておこうと思いました。

働いている同僚の中には調理師免許を取得済みの人、必要ないから取っていない人がいて、私が受験すると言うと「別に取んなくてもいいのに〜」みたいなことも言われました(取得していない人は、必要ないとはいいつつも、ちょっとだけ焦るみたいです)

受験願書を地元の保健所に取りに行って、調理実務経験を証明する書類を会社にお願いして、最終学歴の証明のために学校の卒業証書を押し入れから引っ張り出したりして書類を揃え提出。

調理師試験の受験者を対象とした事前講習会というものもありましたが、仕事も忙しく休みもあまりない時期だったので独学で受験することにしました。

仕事場の先輩から「これで勉強しな!」と先輩が受験した時に使った試験の過去問題集をもらったので、それで大丈夫だろうとやることにしました。

問題一つ一つを読んで「そんなわけないでしょ〜」だから答えはこれ!みたいにおおよそ正しい答えのパターンを覚えるようにしてやったたような気がします。

結論的にそんな勉強法で取得できたわけですが、ほんと〜にたまにですが、調理師免許の試験に不合格だったという人のエピソードも聞きます。

調理師免許は所得していなくても厨房で仕事はできるし、飲食店も開くことができるので、その価値、意味については色々な意見があって、このブログの別ページでも私なりの解釈をご説明しておりますが、この試験は調理実務経験のある人を対象にして、試験でもやらなければ知るきっかけがないような基本的な衛生管理、食に関連する法律の啓蒙を目的としているようにも思え、調理に従事する人の質の維持には貢献している仕組みではないかと偉そうですが思います。

不合格だったら面白いなというような意味も込められた「大丈夫だよ、簡単だから合格するよ!」という周囲の声に影響されてしまって結構甘く見て受験したのですが、それなりに合格したいと思って準備をしないとひょっとするとひょっとしたかもと感じます。

調理師試験を受けるには、受験資格など細かい規定があるのですが、一番手っ取り早く調べるのであれば、自分の住んでいる都道府県名と調理師試験という言葉をヤフーやグーグルの検索窓に入れると、実施している保健所や、都道府県が試験の実施を委託している法人などの情報が一発で出ますので、まずは自分に受験資格があるかどうか、試験日程、提出書類にはどのようなものがあるかという部分を把握しましょう。
posted by 二杯酢 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理師免許の取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271653713

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。