調理師免許 合格体験談: 調理師免許を専門学校へ行かずに取得する方法
スポンサードリンク

2008年05月21日

調理師免許を専門学校へ行かずに取得する方法

調理師免許の資格は、公認の専門学校に入校すれば卒業と同時に免許を取得できます。

学校に通わずに調理師免許を取得するには、国が各都道府県に委託して行っている調理師試験に合格するしか道はありません。

この調理師免許の試験は、各都道府県が異なった試験日程、試験問題で行って合格率もその都道府県によって違うのですが、大体60〜70%と、他の資格試験と比較しても難易度は高くありません。
(というか、食品衛生の問題に関してはやさしく設定されています)

調理師免許は取得すれば一生ものの国家資格で、更新などはありません(住所変更は必要ですが)

しかし、受験するのに必要な受験資格があって、今までの職歴で調理施設での勤務経験が2年間必要になります。

受験資格の中の最終学歴は中学校卒業以上となっています。

仕事をしていたときの身分は、パートでもアルバイトでもいいのですが、一週間に4日以上、一日6時間以上で2年間の勤務経験が必要になります。

ここでの疑問は、4日×6時間=24時間

一週間に24時間勤務していればいいの? 週3日だったけど一日8時間働いていたから資格があるんじゃないの?

という疑問が浮かんできます。

保健所の方に質問をしても規定以外の例外は認められないという返答が多いと思います。

確かに個々人の資格に例外を認めていると、きりがなくなってしまいます。

あくまで週4日、一日6時間という規定の上で、仕事をしていた会社やお店が受験希望者の就業、調理師免許の受験資格を証明してくれるか、というニュアンスでしょうね(この部分は私見です)

受験する場合は、願書と一緒に提出する受験資格証明書に、働いていたお店や会社にお願いして署名捺印してもらう必要があります。

この受験資格には、努めていた調理施設の営業形態や提供していた食数などに細かい規定があるので

とにかく2年間調理施設で働いていたことがあって調理師免許の資格取得を検討している人は、お近くの保健所に問い合わせて、自分に受験資格があるかどうかをはっきりさせましょう

電話でも大丈夫です、名前も聞きません。

保健所の人は調理に従事していく人には、しっかりとした食品衛生の知識を持ってほしいので、受験資格がある人はなるべく調理師免許を取得してほしいと言っていましたので、いろいろ教えてくれますよ。


posted by 二杯酢 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 調理師免許の取得方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考になりました
Posted by at 2008年05月25日 10:38
もうひとつの方法は調理科がある高校を受験するもまた一つです。
私自身ある高校に入学し3年間実技と専門学(当時は、栄養学、食品学、食品衛生法、公衆衛生法、etc)などを学び、卒業試験:実技学科を合格し卒業と同時に取得しました。
調理実務二年間従事し、免許を取得するにあたり補足しますが、実際免許を取得するまでの期間は約3年位です。事実、二年間の実務経験後、受験資格は得られますが、その後すぐ受かる訳ではないし、各自治体によって受験日も違うので、よく確認したほうがよろしいかと思います
Posted by 青木 at 2008年06月13日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。