調理師免許 合格体験談: 調理師試験の内容
スポンサードリンク

2008年02月07日

調理師試験の試験科目について

調理師免許を取得する試験には実技試験はありません、四者択一の筆記試験だけです。

衛生に配慮された安全な料理なら、おいしさについて国にとやかく言われる筋合いはないですよね。

筆記試験の試験科目は以下の通りです。


調理師免許試験 試験科目(7科目)

食品文化論
郷土料理や、食品、料理の歴史など

衛生法規
調理師法 食品衛生法 栄養改善法、伝染病予防法 保健所法など

公衆衛生学
環境衛生 疾病予防全般

栄養学
栄養素の機能全般

食品学
食品の貯蔵 食品の加工など、主に食品、食材の保存法など

食品衛生学
食中毒に関する問題、食品添加物 食品の腐敗防止法など

調理理論
調理器具の名称や用途、調理と味付け 調味料についてなど


調理師免許の試験科目である食中毒や食材の保存方法、食堂運営に関する法律、栄養、このような勉強は、厨房の一従業員であるうちは必要性を感じないと思いますが、キャリアを重ねていくときには必ず必要になる知識です。

例えば食中毒の疑惑がお店にかけられた場合、保健所の立ち入り検査などがあった場合、日頃からしっかりと法律に則った食材管理や従業員の衛生管理ができていると説明できなければ、右往左往するだけになってしまいます(結果は同じでも従業員に動揺を与えないような対応をとりたいものです)

食の安全に対して敏感な現在では、食品衛生に関して、調理師免許の試験内容にはあまり包含されていませんがアメリカ発の衛生管理手法であるHACCP(「危害要因分析必須管理点」)や集団給食を管理する「大量調理施設衛生管理マニュアル」などがあり、調理師免許の試験内容にある衛生の知識は、まだまだ入り口です。

料理の味に関しては、職場の歴史、先輩が最高の教科書で、それ以外、対外的に求められる食の安全性に対する勉強の入り口は「調理師免許取得」でもあります。
(たかが調理師免許、されど調理師免許です)

調理師免許を取得するための試験について


ラベル:調理師免許
posted by 二杯酢 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 調理師試験の内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。