調理師免許 合格体験談: 調理師免許ってなんなの?
スポンサードリンク

2008年05月25日

調理師免許はなぜあるの?

調理師免許を持っていなくても、厨房の仕事は出来るし、飲食店を開業することもできるのに、なぜ調理師免許という資格は存在しているのでしょうか?

外食業界に勤めていて調理師免許も一応取得した立場から考えて見ると

他の資格、例えば簿記の資格のようなものかもしれません、簿記の資格がなくても会社の経理の仕事は出来ますが、資格を取得していれば基礎知識が備わっている証明になります。

調理師試験には実技試験はありません、四者択一の筆記試験だけです、資格は難しくしようと思えばいくらでも出来ると思いますが、料理のおいしさなんて千差万別でそこまで干渉されたくないですよね。

ただ、飲食店として営業していく場合は、大げさではなく食は人の命に関わるので、調理を商売にしていく上で最低限持っていなければならない、食の文化や衛生管理の基礎知識を調理師免許という資格で証明する制度なのかもしれません。

老人ホームの厨房を運営する仕事にも携わっていますが、体力の低下した高齢者は、若い人であればなんでもない腹痛などでも重症化しますので、このような施設の衛生管理は万全でなければなりません。

学校給食や病院、福祉施設などの厨房の契約を頂く際には、厨房に勤務するスタッフに占める調理師免許取得者の割合を指定されますので、運営者側としては調理師免許取得者はありがたい存在です(パートさんでも調理師資格を持っていれば助かります)

調理師免許の資格を生かせる場面は結構あります、食品を扱う会社に就職する場合でもアピールする道具になります、違う業界の人のほうが「へ〜調理師免許を持ってるんだ!」とか感心されたりします。



posted by 二杯酢 at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 調理師免許ってなんなの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

調理師免許取得のメリット

調理師免許を取得したい人が知りたいことは、調理師免許を持っているとどのようなメリットがあるのかという点だと思います。

はじめて調理師免許に興味をもったような方は、飲食店を開業するときには調理師免許を取得しなくてはならないと思っている人が多くいますが、実は必要ありません。
飲食店を開業するときには、保健所に営業許可の申請に行って食品衛生責任者の講習を受けるだけで、定食屋さんであろうと、高級フレンチレストランであろうと調理師免許がなくても開業できます。
(ただし、厨房の立ち入り検査は厳しいので、店舗の設計段階で事前相談をする必要はありますが)

では、なんで調理師免許なんていう資格が存在しているのでしょうか?
例えば、調理師免許がなければ飲食店は開業できない、というような決まりにすればいいのでは?とも思いますが、いざ、そういうことにするとすれば、失業する食堂のおばちゃんが大量発生してしまうかもしれません。

調理師免許の第一義である衛生管理に関して考えてみると、飲食店のスタイルによって食の衛生管理に対するハードルに大きな差があって、一般食堂のように一人前調理したものをすぐに提供、喫食させる飲食店では、一度に大量の食品を調理して喫食まで時間があるような飲食施設よりも食中毒の危険性はかなり低くなります。
たまに、調理師免許を持っていないかなり汚いラーメン屋さんを見かけて、よく食中毒を出さないな!と思ったりすると思いますが、喫食直前に加熱調理をしっかりすれば、食中毒の危険性はかなり低くなります。

調理師免許を取得するメリットに関して、少し話が逸れてしまいましたので、次回続きをお伝えしたいと思います。
68
タグ:調理師免許
posted by 二杯酢 at 12:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 調理師免許ってなんなの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

調理師免許の取得について

調理師免許を取得したきっかけは、学校給食や福祉施設、社員食堂などの厨房を請け負う給食会社に営業職として入社したことがきっかけです。

入社後2年間、老人ホームの厨房で長い現場研修をしたおかげで調理師免許を取得する受験資格ができて取得したというわけです。

前々から「調理師免許なんて誰でも取れる」とか、「調理師免許なんて取得しても意味がない」なんていううわさ、風評を聞いていましたが、実際に衛生管理が厳しい老人ホームの厨房で仕事をした経験で調理師免許を考えてみると、調理師免許はあくまで調理の世界を進んでいく入口の通行証で、フードサービスに身を置いていくのであれば、資格の内容以上の勉強が必要になると感じます。

他の資格と比べて、調理師免許を取得するための受験資格には「調理実務経験」が2年間必要になります。

最初は、難易度はそれほど高くない資格なのに、なぜ調理実務経験が必要か理解できませんでしたが、これは私見ですが、おそらく簿記やデザインなどの資格であれば「ベーバー合格者」というのが許されますが、調理師免許の場合は人に物を食べさせる職業なので、まかり間違っても「ペーパー調理師」というのは道義的にも絶対許されないからなのではないかと思います。

老人ホームのような基礎体力の衰えた高齢者の、特に調理してから食べるまで時間がかかる調理では、ちょっとした症状も重症になったりしますので、ほんと〜に神経を使います。

HACCP(はざ〜ど あならいしす くりてぃかる こんとろーる ぽいんと)
これはアメリカから伝わった食品管理の手法ですが、調理師免許の試験問題には深く突っ込んだ問題は出ませんが、老人ホームなどの厨房では必要になる知識です。

調理師免許の受験資格がある人にとっては、合格率も高く難しい試験ではありませんが、取得後も勉強しなければならないことはたくさんあります。
posted by 二杯酢 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 調理師免許ってなんなの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

調理師免許、その必要性1

調理師免許に関して、ネット上でやり取りされているQ&Aをいろいろ見ていると、調理師免許の必要性、なぜ調理師免許は存在するのか?というようなものが多いようです。

病院や福祉施設、学校の厨房などを請け負う給食会社に勤務していた経験で資格を取得したわたくしなりの意見を述べたいと思います。

全体を包含して考えると、職業に対する国の規制は最小限であるべきで、国民に対する安全を確保する意味でも規制は必要最小限に留めるというのが理想だと思います(完全な私見です)

お料理の得意な人が、ご近所の人を対象に定食の食堂をやりたいとすれば、本来は自由であるべきですが、やはり人の口に入る食べ物を扱うお店をオフィシャルに行うとすれば、国民の意見としても公共機関のお墨付きは必要でしょう。

このお墨付きが「営業許可」ということになるのですが、実際に厨房施設の建設段階から営業許可申請を行ってきた経験上申し上げると、この営業許可の許認可機関である保健所の審査は、結構厳しいです。

建設段階から保健所に相談に行っていても、オープン1週間前の検査で改善を促されることもありました(検査日はひやひやもんです)

規制をかける行政側とすれば、万全を期して、飲食店を開業する際には調理師免許を取得していなければならないとすれば安全かもしれませんが、それでは逆に国民の就業機会を奪ってしまうことにもなりかねません。

別の項でも記述しましたが、厨房施設にはありとあらゆる、様々な形態があり、食中毒に関する危険性に関しても、一般食堂と体力の弱った入所者を対象とした福祉施設などでは求められるハードルに大きな差があります。

飲食店を開業する際には、その厨房が安全に食品を扱える施設かどうか判断してもらう「営業許可申請」があり、その厨房には保健所で行う「食品衛生責任者」の講習を受けた従業員が必要です。
そして、飲食店開業に直接的な係わりはありませんが、厨房施設で仕事を2年以上行った人を対象として、食品衛生などの一定の知識レベルを公認する「調理師免許」という制度がある、というのが全体の縮図です。

より高い食品衛生を求められる福祉施設や病院、学校などの厨房では、任意に調理師免許取得者の割合をきめている施設も多く、その存在感は価値のあるものになっていると感じます。
posted by 二杯酢 at 01:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 調理師免許ってなんなの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

調理師免許の受験資格について(私見ですが・・・)

調理師免許の受験資格である「調理実務経験2年」について疑問を持っている方は多くいるようです。

調理実務経験は、飲食店など営業許可を取得しているお店や企業の調理従事者として2年間勤務していることが必要で、その2年間の中身は、一週間に4日以上、一日6時間以上という基準です。

当然、週に3日勤務で一日8時間ではいけないの?という疑問が浮かんできますが、保健所の方にお聞きしても答えは「NO」です。

本来、常勤正社員の勤務時間は1日8時間、週5日ですが、これを条件にしてしまってはパート勤務の方などへの門戸を閉ざしてしまうので、若干緩和した形ではないか?と思います、週に3日では勤務していない日のほうが多くなってしまいますので、やはり4日というラインは妥当ではないかと感じます(私見です)

調理師免許を取得する試験を受ける場合には、願書とともに自分が勤務していた企業なりお店に、上記の調理実務経験についての証明書に記入・捺印をしてもらうわけですが、実際、2年間の勤務時間や勤務日数についてまで記入する項目はありません(証明書は願書と一緒に保健所で手に入ります)

これも全く私の見解ですが、調理師免許の試験問題は衛生管理の問題にしても初歩的な内容なので、ある程度勤務経験があって今後も調理に従事していく方を対象とした衛生管理の啓蒙的な試験なのではないかと感じます。

現在では、調理師免許という資格がなくても、飲食店を開業する場合には、厨房施設の造りに対する立ち入り検査と、営業許可申請をするだけで(と言っても結構大変ですが)開業できますが、今以上に食中毒などの衛生問題が深刻になってくれば、国としても調理師免許の試験問題を難しくして、厨房従業員はすべて調理師免許を取得していなければならない、などと法改正することになるかもしれません(仮定の話です)

そうなれば、調理師免許取得者の地位も向上し、給料も上がる?・・・そうはならないし、国民としてそこまで規制されたくないです。
posted by 二杯酢 at 02:18| Comment(30) | TrackBack(0) | 調理師免許ってなんなの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。